株式会社夢テクノロジー 中途採用サイト

現状を打ち破ろう

退職しても不利じゃない

今後終身雇用制がなくなり、流動的な就業モデルに変わっていく?

「終身雇用制」、それはかつて日本の働き方を象徴する言葉でした。良くも悪くも、それが世界でもトップレベルの経済成長を誇る日本企業の特徴であり、文化的な側面もあり他の先進国諸国が容易に真似をすることができないものでした。
しかし、近年の経済不況、後進国諸国の技術台頭、グローバル化に伴う企業風土の輸入等、様々な理由も有り、これまでの終身雇用制はもはや当たり前のものではなくなりました。
長年真面目に仕事をしているだけでは、もはや安泰とは言えない時代がやってきました。
苦労して就職活動を勝ち抜き、新卒で入社した会社も、ただ真面目に仕事をしているだけでは定年まで残ることができるかどうかも定かではありません。

現在は狭間の時代ですし、終身雇用制を疑うことなく仕事をしている方も多くいることでしょう。当然そういう社会では、転職をすること自体が悪とみなされがちです。
「○歳になったら転職は最後」、「今まで○回転職したからもうこれ以上受け入れてくれる企業が無い」等、そうした通念がある以上、一歩を踏み出すことに躊躇する気持ちも当然のことでしょう。

しかし、終身雇用制が破綻しつつある今、どうすれば良いのでしょう。
次に進むモデルとして分かりやすい例が、海外企業での働き方です。
海外では、数年単位で会社を変えることも珍しくはなく、社会的にもそれを当り前のこととして考えています。
大企業の社員になれたから安心するのではなく、そこでスキルを磨き、より自分にふさわしい会社へ移る、といったことが普通の感覚なのです。

現代社会を考慮すると、これからの日本国内でも、これからとまったく異なる流動的な就業モデルが生まれてくる可能性が高いと言えるでしょう。

過去の観念に捉われていては、今後自らの生活を守ることができない時代が来ることも大いにありえるのです。

皆さんも、これから来る新しい時代について、そして自分自身についてを、真剣に考えてみても良いのではないでしょうか。

夢テクノロジーへのエントリーはこちらから